CFD取引

差金決済取引(CFD取引)

CFD取引とは、株、インデックスや金融商品の取引をされる投資家のための、一種の取引方法です。マーケット予測が活かされます。実際の物の取引のような煩雑さなしに、取引製品の価格変動だけに着目した大変シンプルな取引手段です。

定義上、CFD取引とは契約締結時と終了時の間の差額を取引する2つのアクター(投資家とCFDプロバイダー)間の合意のことをいいます。市場の上下変動について予測し、レバレッジを利用して取引します。

TeleTradeでは、多額の資本支出を行っていただくことなく、数多くの市場で取引していただけます。株、インデックス、商品や先物契約等を取引できる弊社の設備をご利用いただけます。実際の物の取引のように、お客様の利益または損益は買いの時の価格と売りの時の価格の差によって決まります。

実際の物の取引と違うのは、CFD取引では短期間売ることを選択できます。これは、これまで伝統的に短期間での売りは出費が多い上に煩雑とされてきた個人株やインデックスに特に便利です。CFD取引の買いや売りのプロセス等は大変簡単です。

CFD取引の特徴:

  • 上昇市場においても下降市場においても利益を上げうる
  • 市場の価格変動リスクにさらされるのは契約全額のうちわずか少額
  • 取引中断範囲を設けることによりリスク管理が可能
  • マーケットへの直接アクセス(DMA)が取得可能
  • 貴金属

    金と銀は、価格変動リスクが少なく、貴金属取引市場にて最も人気をたくしています。金と銀には、投資価値があります。貴金属取引では、投資家は短期もしくは長期で金属価格に対するポジションをとります。つまり、FX取引と同じようになされます。TeleTradeでは、追加のリスクなしにベストの市場のスプレッド(買値と売値の開き)を提供いたします。1日24時間、弊社のMT4トレーディング・プラットフォームを使用していただくことで即時の取引が可能です。

    ゴールド(金):

    他の商品と違い、金の値は生産量と消費レベルによって決められていません。金の値は政治的事象により左右される傾向にあり、価格変動リスクの回避手段となりえます。これまで多くの金鉱山は活発で、市場に回帰する可能性は捨てきれません。

    シルバー(銀):

    貴金属である銀は、宝石や銀器等の巨大産業において消費されます。他に代替できる品物がないため、銀の値は他の金属と比較して不安定です。

  • 石油

    エネルギー産業は資本流入の最も多い産業のひとつです。貿易の動きの速さやCFD取引において通貨価値の下落に対するリスク回避機能が高い利点から、石油貿易は金融投資の対象として人気です。

  • 株価指数

    株価指数は、グローバル市場の動きをトレードするのに大変便利です。こちらは、リスク回避の手段としても使えます。同じ市場上で、普通株として長く投資されてきました。インデックスCFD投資家にとって、株価指数の魅力はその投資のしやすさです。また、CFD取引はその取引戦略の豊富さによって適した取引手段とされています。弊社TeleTradeは12種類以上のストックインデックスを提供しています。INIKKEI, FTSE やDAX等のGCGプラットホームを通して世界を舞台に長期、もしくは短期で取引していただけます。